読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

所帯じみてきてちょっと野菜の値踏みができるようになった

「家にいるんだから、皿くらい洗ったらどうなんだ⁉」
テレビを観てたら、祖父からそのように言われる娘のシーンが映っていた。
俺は男だし、皿も洗わないんだけど、買い物は割としている。

 


実家だけど、金さえ払えば、別にいいでしょって態度は家族であっても、
長くいると心証の悪いもの。
家族も少ないから、家の中の家事は手伝えることが少ない
(大体、片づけとか何かのついでに済ませられる)
のだが、買い物だけはそうはいかない。
外に出て、店に行って、荷物持って帰るという、家事の中でも労力が強め。
なので、男の体力をフルに生かせるのがこの買い物というわけ。
これも帰りのついでにできるし。

調味料とかは料理したことないので、わけわからんだが、
肉やら野菜は買うようにしている。

4年くらい買い出しをやるようになったが、気づいたことが多い。

まず、商品の相場や品ぞろえはわかるようになるものだが、
よく見ると、店によって、商品の得意分野がある。

キノコが安い店、トマトが安い店、など。

それを踏まえると完全に、この食品はこの店で買おうという、
脳内マップが出来上がる。
ちなみに、トマトの安い八百屋に関しては、カゴに盛られて売られてる。
不愛想だが、いい加減なところがあるため、カゴ選びがうまくいくと、
割といいトマトをちょっと多めに買える。
(たまに青くてかたいのがあるけど…)

トマトの相場はどこも変わらないので、結構貴重なお店。
意外とトマトの相場は高止まりで安定しているのも

買い出しするようになって分かった。

その他、緑黄色野菜は気を付けないと、50円くらい損をする。
5品目くらい買ったら、単純計算250円は損することになる。
あとは量が少なかったり。

自分は「健康的で食味が楽しめる程度の最低限の食料」を
「最低限食料」ということにする。今、思いついた。
その「最低限食料」が
コメ、にんじん、レタス、キャベツ、ジャガイモ、玉ねぎ
である。
俺の中ではこれが必須である。
多分、一人で若干、余裕がなくなったら、これだけ食う。
卵が好きだから、それに卵を加える感じか。

f:id:sky-gaze:20170316223641p:plain


それ以外は、「贅沢食料」としている。
だから、肉や魚介類なんて贅の極みだし、
果物、キノコに至るまで贅沢食料に当たる。
食わんでも生きられる!という乱暴な発想から。

あと、酒に合わせるものは安くつく。
それこそ、贅沢食料を買うのだが、
鳥の軟骨は居酒屋でも定番かつコスパ最高のメニューだが、
自分で買えば、もっと安い‼
そして、酒の時はそんなに食べないから、量も少なく済む。
もうなんならね、もやしでもいい。

酒を合わしても、安いので、毎食、酒withフードにすれば、すごく節約になる。
大事なものがいっぱいなくなるけど。

なお、野菜は小型のもので大量に入ってるのがいい。
デカいのは使いづらい。でも、トマトは中くらいのトマトがいい。
なんだか、トマトのことばかり語っているけど。

それにしても、袋詰め放題で1袋いくらみたいな店があるところ、
うらやましいよね。

うちの近くそういうのないから、勝手に袋に詰めて、
これ、100円で売れよ、1袋な。って交渉しようかと考えたね。

でも、八百屋のおじさん、戦闘力高そうだから、
おとなしく置いてあるままレジに持って行ってるんだけど。

何にせよ、800円も八百屋で使えば両手いっぱいになるくらいは買えるよね。

お金があったら、肉と海の幸を無駄に買うけどさ。
もっと言えば、デパートで黄身をはしで持ち上げられる卵とか買う。
もやし?買わねぇよ‼もっと外国のわけわかんねぇ野菜買ってくれるわ。

こうして、買い物袋と夢を膨らまして、明日も買い出しに行く。
(週一でまとめ買いするだけなんだけどね)