帰還の果て

昼から夜まで酒を飲まない知人とノンアルコールで過ごしたにも関わらず、
終電を逃した深夜。
10駅くらい歩いて午前2時くらいに地元のバーに着いた。

扉をくぐるといつものメンツがいる。まったく、よく懲りずに来るぜ・・・。
いつものって言っても4回目くらいなんだけどね。
しかも、向こうが俺を覚えているかは謎。

人生は霞の中を歩くようなもの - いつも空ばかり見てるから・・・の続き

続きを読む

人生は霞の中を歩くようなもの

 

東京ドーム一個分の東京ドームを目の前にしている。

深夜、タクシー以外の帰るための交通機関を逃し、佇んでいた。

外が暗くても心に光を - いつも空ばかり見てるから・・・の続き

続きを読む

外が暗くても心に光を

前のバイト先の元後輩とは腐れ縁が続いており、

辞めて1年経っているのに未だに付き合いがある。

この元後輩は俺の人生の中で唯一、100%格下だと思える男だ。

日頃から人には敬意を払うようにしているが、彼だけはどうしようもない。

 

続きを読む

超未来型怪獣見世物小屋

音で振動するほど、やばいスピーカーを備えている映画館がある。

そんな話をバイト先で聞いた。その真偽を確かめるべく、

公開して間もなかった「シン・ゴジラ」を鑑賞しに行った。

続きを読む

歯車の日常

ある木曜の昼下がり。午後からシフトに入っていた。
いつもは朝の9時から入っていたのだが、
この日は18時からの人が出られないということで
13時から閉店まで自分が入ることになった。

続きを読む

とりあえず、作ってみた。

いろいろ、いじってみた。

書いたあとに白にテキストの色を反転させなくてはならない苦労はあるが、

これは前のはてダ時代の名残のデザインなので、仕方ない。そこは崩したくない。

 

続きを読む

プロフィール(編集中)

「いつも空ばかり見てるから 2nd season 」         since2016.9

 

1986年 7月8日 練馬区で生まれる。

経歴

 (なんか他のブロガーもやってるみたいなんでやってみますね。面倒だけど)

続きを読む